債権回収にまつわる用語を波戸岡流にわかりやすく解説!債権回収の用語集

弁論・弁準 べんろん・べんじゅん

裁判所の法廷を使って行われる審理を「口頭弁論(弁論)」といいます。

テレビで出てくるような、あの法廷です。

でも、いつも法廷でかしこまって審理しているわけではなく、途中から「弁論準備手続(弁準)」に切り替えて、小さな会議室で審理することが多いです。

弁準では、裁判官と当事者とが同じテーブルに座って、「ここは分かってほしいところなんです」と弁護士がアピールしたり、「こういう解決はどうですか」と裁判官から提案があったり、いろんなやり取りがなされます。

弁準のなかで和解が成立すれば法廷に戻ることはありませんが、決裂してしまった場合は、再び法廷に戻って弁論が再開され、証人尋問が行われ、判決が下されることになります。

【関連用語】

中小企業の法律顧問、債権回収、法律相談(東京 港区)

アクト法律事務所 波戸岡 光太

〒107-0052 東京都港区赤坂3-9-18 赤坂見附KITAYAMAビル3F

03-5570-5671 (代)

受付時間 平日9:30〜18:30