債権回収にまつわる用語を波戸岡流にわかりやすく解説!債権回収の用語集

証人尋問 しょうにんじんもん

証人や当事者が、法廷の証言台で話すこと。

和解の見込みがない場合は、証人尋問を行って判決へと進みます。

まず、証人の代理人弁護士が質問し(主尋問)、証人が裁判官に向かって答えます。

審理の効率化のため、証人は自分が法廷で話すことをあらかじめ文書にまとめ、「陳述書」にして裁判所に提出しておきます。なので、基本的には陳述書に書いたことを、自分の言葉で話します。

次に、相手の代理人弁護士が質問します(反対尋問)。敵方からの質問なので、その場で聞かれて戸惑ったりすることもありますが、冷静に、自分の記憶に忠実に話していきましょう。

弁護士は法廷では質問役に徹します。映画やドラマでよくみるような、弁護士が雄弁と語る場面は、実はありません。

【関連用語】

中小企業の法律顧問、債権回収、法律相談(東京 港区)

アクト法律事務所 波戸岡 光太

〒107-0052 東京都港区赤坂3-9-18 赤坂見附KITAYAMAビル3F

03-5570-5671 (代)

受付時間 平日9:30〜18:30