契約書の役割と作り方を知りましょう!

「契約書を取り交わしているから、どんなトラブルがあっても大丈夫!」
そう思っていらっしゃいませんか? 
たしかに契約書を交わすことで回避できるリスクは多くあります。
しかし、相手と連絡が取れなくなってしまった場合や、相手が倒産してしまった場合などは、契約書があるからといって、必ずしも相手を見つけ出したり、代金回収が約束されるわけではありません。
つまり、契約書は無敵ではないことも理解した上で、しっかりとそのリスクを減らして、本当の意味で自社を守ってくれる契約書を作る必要があります。
そのためには、契約書作成の「3つのステップ」を踏む必要があります。
ぜひご一読いただき、それぞれのステップの役割と、大事なポイントをつかんでください。

契約書作成までの3ステップ

1 その相手と契約を結んだ後をイメージする。

これから契約を結ぶ相手が、そもそも信頼できる相手かを考える必要があります。
「正直なところ信頼できないけれど、契約書を結んでおけば大丈夫」という考え方は禁物です。
契約に向けて前向きな気持ちは持ちつつも、前のめりになりすぎても要注意。
少しの時間でいいので立ち止まり、その相手と一緒にビジネスを進めている場面を思い浮かべてください。
そこに信頼関係はありますか?
私は経営者に力添えする第三者の視点から、ヒアリングやご質問をさせていただくことで、その相手と契約を結んで大丈夫かを一緒に検討いたします。

関連リンク:その相手と契約を結んで大丈夫か?

2 取り決めたいことをどんどん書き出す。

その相手と契約を結ぶことに決めたならば、次に、どんなことを取り決めるのかを互いに出し合うことが必要です。
ここでのポイントは、契約書の文言や表現は気にせず、箇条書きでいいから、決めごとをどんどん書き出すことです。ブレインストーミングです。
いきなり契約書にしようとすると、その独特な言葉遣いや表現に気を取られて、思考が止まってしまいがちです。
けれども、ここではそんなことは気にせず、決めたいことを出し合って、お互いの気になっていることや明確にして起きたことを書き出し、見える化して、双方で共有しましょう。
もちろん契約の種類によって取り決めるべき内容には特徴がありますので、そこに漏れがないよう、私からアドバイスいたします。

3 適切な文章に落とし込み、契約書に明記する。

ここからは弁護士がメインの役割を担います。
ステップ2でリストアップされた大切な決めごとを、間違いのない文言と表現で契約書の条項に落とし込み、契約の種類ごとに法的に間違いのないオリジナルな契約書を作ります。
契約書は専門的な用語が登場し、敬遠しがちな世界でもありますが、私がかみ砕いて分かりやすくご説明いたします。
こうして皆さまのリスクを軽減し、安心して事業に取り組める契約書を完成させます。

契約書に関するブログ

契約書の作り方はご理解いただけましたでしょうか。
そのほかにも、契約書作成に役立つブログを書いておりますので、ぜひご参照ください。

“ベッシのとおり”にしておけば?(契約書で苦労しない債権回収)
契約書で自社を守る-こんな言葉に要注意-
I am a パーフェクト・ジョウコウ(契約書でみかける完全合意条項)
カンカツがどこかって!?(契約書のうしろのほう)